キャッシングと在籍確認のポイント

キャッシングで避けて通れないもの、それが審査です。ほとんどのキャッシングでは審査が行われますし、もちろんここで落とされる可能性もあります。そして、この審査に付き物なのが、在籍確認なのです。在籍確認はどのようにして行われるのかを確認しておきましょう。

在籍確認と電話

審査項目の一つに、職業と職場に関する項目があります。どこで働いているのかは審査結果に大きく影響する要素の一つなので、その信用性を会社側は確認しなければなりません。そこで、キャッシング会社は職場で直接電話をかけることが多く、これで情報の真偽を確かめます。ただし、金融機関側もこの点については配慮していることが多く、キャッシング関係の電話であることは伏せていることがほとんどです。そのため、この在籍確認の電話からキャッシングの借入が周囲に知られてしまう可能性は限りなく少ないはずです。

在籍確認は最終確認

また、在籍確認が行われる場合、すでに審査は最終段階へと進んでいることがほとんどで、ここで嘘の情報を伝えていない限りはキャッシング審査の通貨もほぼ手中に収めることになります。つまり、在籍確認は最終確認にもなり得るものであり、もし在籍確認の電話がかかってきた場合には審査結果はひとまず期待できると言えるでしょう。仮に何らかのミスで在籍が確認されなかったとしても、その後問い合わせることで在籍が確認されるケースもあり得るため、あまり問題視する必要はありません。

在籍確認をどうしても避けたい場合

それでも在籍確認をどうしても避けたい場合は、在籍確認を行っていないキャッシングを探すこととなります。一部の金融機関は在籍確認を行っていないため、この一部のキャッシングを見つけることになりますが、その場合はネットで完結させることが大半です。こちらの職業を証明する社員証などをカメラで撮影し添付するといった方法で確認を行うため、電話で直接確認されることはありません。今では大手のキャッシング業者も採用しているケースもあるため、どうしても気になる方は探してみましょう。

在籍確認を乗り切るために

基本的に在籍確認は、こちらの借入情報が周囲に漏れない上にすぐに完了するため、それほど気にする必要はありません。とは言えどうしても在籍確認を敬遠したい方が存在することも事実ですし、そうした懸念を抱いている方はネットで完結できるキャッシングを選びましょう。自分の都合に合わせて審査を申し込むことが大切なのです。

これからキャッシングをする人へ

計画的にキャッシングを利用しよう

消費者金融と聞くとほとんどの人は顔をしかめることでしょう。あまり良いイメージがない消費者金融キャッシングですが、人生の中ではどうしてもお金が足りないときがあります。そんなときは、キャッシングを利用するのもひとつの選択肢としてアリなのではないかと私は思うのです。ここでは消費者金融のメリット、デメリット、実際にお金を借りるまでの流れを説明します。

消費者金融キャッシングの大きなメリットは審査が比較的甘く、即日融資可能な場合が多いということです。申し込み→審査→在籍確認→融資の流れですが申し込みから融資まで早いと1時間くらいです。急に現金が必要になったときには嬉しいですね。この審査スピードというのが消費者金融の大きなメリットではないでしょうか。

 

一方でデメリットは高い金利です。細かな違いはありますが大抵18パーセントくらいの利息制限法の上限金利を支払わなくてはならなくなります。月々に元本と金利を返済するので収入の低い人が大きな額を借りるとこの月々の返済がきつくなり、月々の返済をするために新たに借金をする‥これが多重債務者のひとつのパターンです。ですからキャッシングを利用する際は計画的な利用をおすすめします。

会社や家族にはほぼバレません

サラリーマンがキャッシングを利用する際に不安なのは、家族や会社にばれないかということでしょう。結論から言うとほぼばれません。まず、在籍確認の電話ですがほとんどの消費者金融はこの手続きを踏みます。しかし、大体個人名で「○○さんいらっしゃいますか?」とかっかってくる程度なので心配することはないでしょう。

また、消費者金融によっては申し込みの際に相談することで収入証明書を提出することで在籍確認を省略してくれるケースもあるみたいです。それから家族バレですが自宅に郵送物が届く事はありません。ただし、返済が遅れかつ連絡が取れない場合などは例外です。

実際に消費者金融を利用した私のアドバイス

実際に消費者金融でキャッシングしましたが、確かに審査スピードは速かったと思います。申し込みから借り入れまで90分程度でした。今、返済中ですが家族にも会社にもばれてないです。ただ私の場合、結構な額を借りてしまったので返済がきついなあと思うことはあります。

ひとつだけ言えること

ひとつだけ言えることは、自制心を持って必要な分だけキャッシングを利用できるなら消費者金融はとても便利だと思います。

 

キャッシングで増額を狙うためには

今の借入限度額に満足していない方は、意外と多いのではないでしょうか。咄嗟の状況で借入できる金額は多ければ多いほど安心できるものです。では、キャッシングで借入限度額の増額を狙うためには、どのようなポイントに注目すればよいのでしょうか。

堅実な返済が増額へ繋がる

借入限度額を上げる確実な方法、それは堅実な返済を繰り返すことです。今すぐに借入限度額を増額したい、という希望はあるかもしれませんが、増額はこちらを信用してもらうことで初めて成立するものです。そして、その信用してもらうための一番の方法が、堅実に返済を繰り返すことなのです。金融機関としては当然、返済してもらわないと話しになりませんが、借入した人物が確実に返済してくれる保証はどこにもありません。その信用を実際に行動して示すことによって、より多額の借入を叶えることができるのです。

増額にもペースがある

こうしてキャッシングを増額する機会が訪れたとしても、いきなり百万年単位で増額が達成されるわけではありません。大抵のキャッシングの増額は、10万円をペースに増額されていきます。また、増額されていくごとに増額ペースも落ちていきますし、短期間で多額の増額を狙うのは少々厳しいでしょう。しかし、逆に言えば今あまり借入限度額が高くない方は、順調に増額される可能性が高い、ということです。最初の審査ではあまり借入限度額を高めることができなかったものの、今後の返済内容によっては覆すことは十分可能です。

総量規制には気を付けよう

キャッシングの増額に大きく影響する総量規制をご存知でしょうか。総量規制とは、借入できる金額を年収の3分の1に限定する、という制度です。そのため、いくら増額のチャンスを狙っていてもこの金額以上に借入れることはできませし、増額するチャンスも訪れません。鬱陶しい制度かと思われるかもしれませんが、キャッシングは時に必要以上に借り入れてしまいがちです。これを繰り返していると危険な状況に陥る可能性もありえるため、自分を守るための制度として捉えておきましょう。

増額は積極的に狙おう

借入限度額を増額させて、特にデメリットはありません。自分が咄嗟に使えるお金をできるだけ多くしておくことによって、不測の事態に備えておきましょう。また、増額もそれほど手間のかかる作業ではないため、あまり時間がない方でも簡単に増額を終わらせることができるはずです。そうした意味でも、積極的に狙ってみましょう。

即日キャッシングと審査の特徴

今すぐにキャッシングを利用したい。そんな時に即日キャッシングは非常に便利です。今すぐに現金を用意できますし、今では多くの金融機関がこのサービスを採用しているため、即日キャッシングを利用する際の審査の特徴を抑えておきましょう。

当日中に審査を完了させたい時

その日のうちに審査を終わらせてしまいたい方は、いつキャッシング審査を申し込むかが大切です。今ではインターネットから申し込むことも可能なため、夜遅くに審査を申し込む方もいるかもしれませんが、当日中に審査を終わらせてしまいたいならば午前中に審査を申し込んでしまいましょう。大抵のキャッシングでは、何時までに申し込む場合に限り即日キャッシングとして扱う、という制限が設けられています。一度はそうした制限も確認しておくことで、確実に即日キャッシングを利用しましょう。

即日キャッシングと審査の時間

では、即日キャッシングを申し込んだ際にかかる具体的な時間とは、どのくらいなのでしょうか。即日キャッシングの場合、最短で30分前後としている会社が多いようです。もちろん全てのキャッシングがそうであるとは限りませんが、この時間を基準にしてキャッシングを申し込むと良いでしょう。長くても1、2時間程度で終わることが大半なので、それほど長く時間を見積もる必要はありませんが、自分の都合と合わせて申し込み時間を考えることも大切です。また、審査にかかる時間は審査内容によっても変動します。こちらがすでに他社のローンを利用しているケースなどは少し時間がかかることも考えられるので、注意しましょう。

即日キャッシングの審査と必要な準備

即日キャッシングとはいえ、普通のキャッシングと同じように申し込めば良いと考えて問題はありません。しかし、即日キャッシングにこだわる方は大抵急ぎの借り入れになるでしょう。そうなると、審査を申し込んで結果駄目だった、となると無視できない時間のロスになってしまいます。多くのキャッシングは仮審査を設けているので、その仮審査を利用してある程度結果の目星をつけておきましょう。すぐに終わるので、時間がかかることもありません。

即日キャッシングは簡単

以上のように、即日キャッシングだからといって特別用意しなければならないものもありません。しかし、いつ申し込めばよいのか、どのくらいの時間がかかるのかといった時間に関する疑問は解消しておくと良いでしょう。そうすれば、すぐにでも借り入れできるはずです。

残債額に応じて手数料は変わっていく

キャッシングは、必ず手数料があります。多くの方々が重視をしているのは、金利です。たいていは10数%台となりますが、それをできるだけ節約したいと思う方も多く見られます。ところで手数料は、実は借りている金額によって変動する性質があるのです。意外とこの点を誤解している方が多いので、注意が必要です。

金融会社の年利は幅がある

そもそも金融会社としては、年利に幅を持たせているケースがほとんどです。最低年利が6%で、最高が18%などと幅があります。18%に固定される訳ではありません。また6%に固定される訳でもなく、あくまでも現在の残債額に左右される事になります。

多くの残債があれば金利は低めになる

例えば現時点での残債が、10万円未満になっているとします。その場合は、年利18%が適用される会社だとします。更に残債が20万円台の時には年利17%台で、40万円台ならば16%などの具合です。つまり残債が増えていけば、だんだんと手数料も低めになっていく訳です。これがキャッシングの年利の基本です。

少なく借りれば手数料は大きくなる

ここで誤解がよく生まれるのですが、少なく借りた時には最高手数料が適用される事になります。例えば上記の会社で、8万円を借りたとして、残債も8万だとしましょう。そして金融会社で申し込みをした時の利用限度額が、例えば40万だったとします。もちろんその時は16%と設定される訳ですが、それは8万を借りた時にも適用される訳ではありません。あくまでも「最低」年利が16%なのです。

8万を借りている訳ですから18%が適用される事になり、16%ではありません。多くの方々は8万でも16%だと誤解していますが、18ではなく16になるのです。16%という手数料が適用されるのは、あくまでも残債が40万円台になっている時です。10万円未満の時には適用されませんので、要注意です。

中には少額でも手数料が少ない会社も

しかし、やはり金融業界には色々例外が見られます。中には少ない金額でも、最低手数料が適用される会社もあるのです。ですので上記の事例で8万円を借りた時でも、16%が適用される事例もあります。ただしそのタイプの金融会社の場合は、やはり審査も相応に厳しくなる傾向があります。お得なシステムではありますが、その分借りる為のハードルは高めになる訳です。

誤解をして借りすぎないよう注意

いずれにせよ注意を要するのは、誤解です。たとえ8万を借りた時でも金利16%だと勘違いしていると、後になって大きな手数料が生じてしまい、トラブルになる事もあります。もしも返済手数料が気になる時は、借りる前に電話などで確認しておくのが一番無難でしょう。