キャッシング申込み前に知っておきたい在籍確認の基礎知識

キャッシング申し込みと在籍確認

必要なときに担保不要でお金を借りることができる便利なサービスがキャッシングです。必要な要件さえ満たせば即日で現金を手にすることができる便利なキャッシングですが、利用に際しては属性確認などいくつかの審査を通過しなくてはいけません。キャッシング利用時の関門の一つに「在籍確認」と呼ばれる手続きがあります。在籍確認とは申請された勤務先に消費者金融業者が連絡を入れ本当にその会社に在籍しているかどうかの確認を取る手続きのことで、ほとんどの業者で必須の手続きとなっています。

在籍確認とは

在籍確認は消費者金融業者がキャッシング利用申込者の勤務実態を確認するために行う連絡のことです。業者にとってキャッシング申し込み者に定期収入があるかどうか、本当に勤務実態があるかどうかを確かめるのは貸付金を確実に返済してもらう上でどうしても確認して置かなければいけない重要項目です。嘘の記載をして貸付金をだまし取ろうとする悪質な申請者が紛れている可能性もゼロではありません。万が一のトラブルを避けるためにも多くの消費者金融業者では在籍確認を必須行為と定めています。

在籍確認不要には注意

中には在籍確認不要で貸付可能であることを売りにする金融業者もあります。在籍確認なしで借りられるならとても便利、と安易に考えてはいけません。在籍確認なしでお金を貸し付けるということはそれだけ業者側のリスクが大きくなるということにほかなりません。そのようなリスクを犯してでも貸付を行っている業者は非正規の無登録金融業者、いわゆるヤミ金である可能性が非常に高いといえるでしょう。在籍確認をされたくないからといって利用すべきではありません。

在籍確認の方法

在籍確認の方法は業者によって多少異なりますが、ほとんどのケースでは電話による確認が一般的です。更に在籍確認で確認されるのはキャッシング利用申込者がその会社に在籍しているかどうかの確認のみであり、その他の情報については収集されることも漏洩されることも一切ありません。電話が無事申込者本人に取り次がれ担当者と本人が直接話した時点で初めて在籍確認のための電話であることが明かされます。確認の手続きは生年月日の確認などごく簡単なもののみで、本人から返答があれば在籍確認は完了です。

在籍確認の安全性

在籍確認時の電話では本人以外には消費者金融業者であることを名乗ず個人名で連絡が行われ、万が一にも会社の人達にキャッシング申し込みの在籍確認のための電話であることがバレる心配はいりません。「本人以外の第三者に契約の事実をばらさない」というのは貸金業法によって定められたルールなのでどこの業者でも在籍確認を通じてキャッシング利用の事実がバレることはありません。

在籍確認が難しい場合

外回りが中心の仕事でなかなか電話に出られない、などというケースでは在籍確認に配慮してもらえることもあります。確実にオフィスに居るであろう時間を指定して連絡してもらったり書類の提出で在籍確認を行ったりすることも可能なので、電話に出にくい仕事の場合は業者にその旨を伝えて対応策を検討してもらいましょう。

在籍確認を怖がる必要なし!

在籍確認を怖がる必要はありません。キャッシング申し込みの事実がバレてしまうのではないかと不安を抱くのは当然ですが、在籍確認について正しい知識を持てばその心配が杞憂であることがわかるでしょう。キャッシングを安心安全に利用するためにも在籍確認の基礎知識を学び、慌てず対応できるように備えておきましょう。