即日キャッシングと審査の特徴

今すぐにキャッシングを利用したい。そんな時に即日キャッシングは非常に便利です。今すぐに現金を用意できますし、今では多くの金融機関がこのサービスを採用しているため、即日キャッシングを利用する際の審査の特徴を抑えておきましょう。

当日中に審査を完了させたい時

その日のうちに審査を終わらせてしまいたい方は、いつキャッシング審査を申し込むかが大切です。今ではインターネットから申し込むことも可能なため、夜遅くに審査を申し込む方もいるかもしれませんが、当日中に審査を終わらせてしまいたいならば午前中に審査を申し込んでしまいましょう。大抵のキャッシングでは、何時までに申し込む場合に限り即日キャッシングとして扱う、という制限が設けられています。一度はそうした制限も確認しておくことで、確実に即日キャッシングを利用しましょう。

即日キャッシングと審査の時間

では、即日キャッシングを申し込んだ際にかかる具体的な時間とは、どのくらいなのでしょうか。即日キャッシングの場合、最短で30分前後としている会社が多いようです。もちろん全てのキャッシングがそうであるとは限りませんが、この時間を基準にしてキャッシングを申し込むと良いでしょう。長くても1、2時間程度で終わることが大半なので、それほど長く時間を見積もる必要はありませんが、自分の都合と合わせて申し込み時間を考えることも大切です。また、審査にかかる時間は審査内容によっても変動します。こちらがすでに他社のローンを利用しているケースなどは少し時間がかかることも考えられるので、注意しましょう。

即日キャッシングの審査と必要な準備

即日キャッシングとはいえ、普通のキャッシングと同じように申し込めば良いと考えて問題はありません。しかし、即日キャッシングにこだわる方は大抵急ぎの借り入れになるでしょう。そうなると、審査を申し込んで結果駄目だった、となると無視できない時間のロスになってしまいます。多くのキャッシングは仮審査を設けているので、その仮審査を利用してある程度結果の目星をつけておきましょう。すぐに終わるので、時間がかかることもありません。

即日キャッシングは簡単

以上のように、即日キャッシングだからといって特別用意しなければならないものもありません。しかし、いつ申し込めばよいのか、どのくらいの時間がかかるのかといった時間に関する疑問は解消しておくと良いでしょう。そうすれば、すぐにでも借り入れできるはずです。

残債額に応じて手数料は変わっていく

キャッシングは、必ず手数料があります。多くの方々が重視をしているのは、金利です。たいていは10数%台となりますが、それをできるだけ節約したいと思う方も多く見られます。ところで手数料は、実は借りている金額によって変動する性質があるのです。意外とこの点を誤解している方が多いので、注意が必要です。

金融会社の年利は幅がある

そもそも金融会社としては、年利に幅を持たせているケースがほとんどです。最低年利が6%で、最高が18%などと幅があります。18%に固定される訳ではありません。また6%に固定される訳でもなく、あくまでも現在の残債額に左右される事になります。

多くの残債があれば金利は低めになる

例えば現時点での残債が、10万円未満になっているとします。その場合は、年利18%が適用される会社だとします。更に残債が20万円台の時には年利17%台で、40万円台ならば16%などの具合です。つまり残債が増えていけば、だんだんと手数料も低めになっていく訳です。これがキャッシングの年利の基本です。

少なく借りれば手数料は大きくなる

ここで誤解がよく生まれるのですが、少なく借りた時には最高手数料が適用される事になります。例えば上記の会社で、8万円を借りたとして、残債も8万だとしましょう。そして金融会社で申し込みをした時の利用限度額が、例えば40万だったとします。もちろんその時は16%と設定される訳ですが、それは8万を借りた時にも適用される訳ではありません。あくまでも「最低」年利が16%なのです。

8万を借りている訳ですから18%が適用される事になり、16%ではありません。多くの方々は8万でも16%だと誤解していますが、18ではなく16になるのです。16%という手数料が適用されるのは、あくまでも残債が40万円台になっている時です。10万円未満の時には適用されませんので、要注意です。

中には少額でも手数料が少ない会社も

しかし、やはり金融業界には色々例外が見られます。中には少ない金額でも、最低手数料が適用される会社もあるのです。ですので上記の事例で8万円を借りた時でも、16%が適用される事例もあります。ただしそのタイプの金融会社の場合は、やはり審査も相応に厳しくなる傾向があります。お得なシステムではありますが、その分借りる為のハードルは高めになる訳です。

誤解をして借りすぎないよう注意

いずれにせよ注意を要するのは、誤解です。たとえ8万を借りた時でも金利16%だと勘違いしていると、後になって大きな手数料が生じてしまい、トラブルになる事もあります。もしも返済手数料が気になる時は、借りる前に電話などで確認しておくのが一番無難でしょう。