キャッシングと在籍確認のポイント

キャッシングで避けて通れないもの、それが審査です。ほとんどのキャッシングでは審査が行われますし、もちろんここで落とされる可能性もあります。そして、この審査に付き物なのが、在籍確認なのです。在籍確認はどのようにして行われるのかを確認しておきましょう。

在籍確認と電話

審査項目の一つに、職業と職場に関する項目があります。どこで働いているのかは審査結果に大きく影響する要素の一つなので、その信用性を会社側は確認しなければなりません。そこで、キャッシング会社は職場で直接電話をかけることが多く、これで情報の真偽を確かめます。ただし、金融機関側もこの点については配慮していることが多く、キャッシング関係の電話であることは伏せていることがほとんどです。そのため、この在籍確認の電話からキャッシングの借入が周囲に知られてしまう可能性は限りなく少ないはずです。

在籍確認は最終確認

また、在籍確認が行われる場合、すでに審査は最終段階へと進んでいることがほとんどで、ここで嘘の情報を伝えていない限りはキャッシング審査の通貨もほぼ手中に収めることになります。つまり、在籍確認は最終確認にもなり得るものであり、もし在籍確認の電話がかかってきた場合には審査結果はひとまず期待できると言えるでしょう。仮に何らかのミスで在籍が確認されなかったとしても、その後問い合わせることで在籍が確認されるケースもあり得るため、あまり問題視する必要はありません。

在籍確認をどうしても避けたい場合

それでも在籍確認をどうしても避けたい場合は、在籍確認を行っていないキャッシングを探すこととなります。一部の金融機関は在籍確認を行っていないため、この一部のキャッシングを見つけることになりますが、その場合はネットで完結させることが大半です。こちらの職業を証明する社員証などをカメラで撮影し添付するといった方法で確認を行うため、電話で直接確認されることはありません。今では大手のキャッシング業者も採用しているケースもあるため、どうしても気になる方は探してみましょう。

在籍確認を乗り切るために

基本的に在籍確認は、こちらの借入情報が周囲に漏れない上にすぐに完了するため、それほど気にする必要はありません。とは言えどうしても在籍確認を敬遠したい方が存在することも事実ですし、そうした懸念を抱いている方はネットで完結できるキャッシングを選びましょう。自分の都合に合わせて審査を申し込むことが大切なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です